このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年会社設立

村田 栄二

代表取締役
1989年㈱日本総合研究所入社
その後外資系IT企業など複数社に勤務後
2007年ユナイテッドコンサルティング株式会社を創業。
主に企業の情報システム部門へプロジェクト推進役として参画。
製造業・流通業の基幹システムやプロジェクト管理研修などの領域を得意とする。
現役コンサルタントである。
代表取締役/村田 栄二

会社設立時の思い

約18年複数の会社に勤めた後、40歳の時に起業しました。
学生の頃からいつかは自分の会社を持ちたいと思っていたこともありますが
実際に起業した理由は、真摯に顧客と向き合いながら自分の判断で仕事を
するには自分で会社を興さなければ実現できないと感じたことが大きいです。
若いころは目の前にいる顧客に全力で向き合えましたが、ある程度の年齢になると中間管理職となり
所属している会社の都合で顧客の利益に反しも従わなければならなかったり
不毛な社内政治ゲームに巻き込まれ無駄な労力を使わせられたりとストレスを溜めたのが思い出されます。
しかし、会社に所属していると様々な面で守られることもありましたが
自分の人生に後悔がないように起業することを選びました。

自由でフェアな会社を作りたかった

設立後2年目にリーマンショックが起こり、当時生業としていた人材採用支援や
小さな外資系企業の事業支援などの仕事が一瞬でなくなりました。
途方に暮れる中、見つけた仕事が卸売業のコスト分析システムの要件定義の仕事でした。
当面繋ぎの仕事と思い着手しましたが、顧客側の企画部長に評価してもらい
その後も別のシステム導入案件を依頼され結局6年間お世話になることになりました。
当時は、社員採用をしていなかったのでプロジェクト化するとエンジニアが必要となり
パートナー会社から提供してもらいました。
その中で分かったことは、システム開発の業界は多重請負構造による中間マージンの搾取が酷く
働いている人は全く報われていないということでした。
また、普通のエンジニアではこの状況から抜け出すのは難しいと感じました。
ここで、業界の悪習から抜け出し自由でフェアな環境が必要と強く思うようになりました。
そして同じ思いをもつ人達と一緒にできればと思い本格的に社員採用をすることになりました。

※現在は原則、顧客は直接取引、パートナーはその会社の社員までとしています。

社員は大事な仲間

私自身、現在も顧客のプロジェクトを日々推進しています。
社員のみんなと同じ目線で議論したりできるのは本当に楽しいです。
ひとりひとりが自身の顧客を大切にし自信をもって向き合っている姿を見ると頼もしい限りです。
まあ、よくこんな小さな会社に優秀なメンバーが入社してくれたと思います。感謝しかありません。

求職者の方へ

沢山ある会社の中でどこを選ぶのか本当に迷いますよね。
決めるポイントはたくさんあると思いますが、大事なのは出会いのような気がします。
もし、このサイトをご覧いただき共感できるところがありましたら
一度お話しできればと思います。初回はフランクにお話できればと思っています。
お問合せお待ちしております。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ITコンサルタントに関連する求人票を見る